歯周病・歯槽膿漏の原因を探る!

歯周病の予防対策をおこなっていますか?大切な自分の歯でいつまでも楽しく食事をする為には早期発見、治療を行う必要があります。

炎症を起こした歯周病

歯槽膿漏というと、歯茎と歯の間の歯周ポッケットが深くなり、炎症を起こしたり、膿をもったりして、それが深くなると、葉が抜けてしまう怖い歯周病です。

これは普段食後の歯磨き時に、このポケットの清掃をしないと、食べたかすが歯垢となり、こびりついて、炎症を起こし、歯槽膿漏となり段々悪くなっていくものです。

それを予防することが歯をなくさない第一歩です。予防のためにはデンタルフロスや歯間ブラシを使ってよく歯と歯の間を磨くことです。

自分では取りきれない汚れは一月に一回は歯医者に行き、歯科衛生士や歯科医に歯周ポケットのクリーニングをしてもらうことです。

予防は治療に勝ると言います。歯周病をあなどってはいけません。

ページトップへ戻る